神様が宿る島・バリ島ウブドは、ヨガの聖地です。世界中からスピリチュアルな人々が、大勢シャーマンへ会いに訪れます。イェスパでは、シャーマン独自の世界観とヒンズー教「三神一体」のエネルギーを融合した、ヒーリングセッションを行っています。心も体も健康で、エネルギーに満ち溢れた、充実した日々をおくるために、人が人らしくあり、心からの喜びを感じる、生きていくために。


シャーマン ヒーリング

バリ島のシャーマンのセッションが、世界中どこからでも受けていただけるようになりました。シャーマンからの受ける方への必要なその時のエネルギーとメッセージをお届けします。 シャーマンの神聖な対話からの言葉。

  

セッションでは、まずシャーマンがお客様を見させて頂き、そこからシャーマンは、バリの神様・精霊・自然霊・ご先祖様・宇宙などの、その人に必要なメッセージの存在へとコンタクトし、メッセージ(声・映像・絵・香り)を下ろします。そのシャーマンのメッセージを私が受けとり転換し、お客様に分かりやすく通訳します。最後に浄化とエネルギーワークをします。 


シャーマンオンラインヒーリング

ニョマンさんのズームオンラインヒーリングセッションです。

¥11,000


バリシャーマン ニョマンスパルディ

バリシャーマン(バリアン)1976年バリ島ウブド生まれ。叔父より伝統的なバリエネルギーワークを学ぶ。これらの伝統的なシャーマンは、先祖から受け継いだ、叡智をいかし、物理的および精神的な病を治療して、バリ文化の中では、重要な役割をはたしています。イェスパでは、今までのべ2000人の方がニョマンさんのセッションを受けられ、2018年には日本ツアー(大阪・名古屋・東京)も開催され100名の方が日本中からセッションを受けに来られました。

  

バリアンとは?

古来よりバリ人にとって、医師やカウンセラーとして尊重され、目に見えない力で魂とコンタクトし、様々な問題を解決します。暦法にも精通しており、心身の不調・不幸・出産・死別があると、バリ人はシャーマンの元を訪ね、その意味をききます。物事の行方・ヒンズー教の祭事のとりしきり、薬草を煎じて治療・呪医師など、たくさんの役割をもっています。


久保田喜子

2004年27歳でバリ島へ移住、ウブドにて「イェスパ」を経営。バリ島移住後、ロングステイをえて、リゾートホテルに就職し、英語・インドネシア語・観光業を学ぶ。その経験を活かし、キラーナスパ(資生堂)へ転職し、スパマネージメントに携わり、2010年バリ島ウブドにて34歳に「イェスパ」を開業する。2008年シャーマンと出会いヒーリングの世界を知る。シャーマンと共にお客様へのヒーリングセッションをする中、言葉のいらないシャーマンとの対話ができるようになり、そのメッセージをお客様にわかりやすく通訳するセッションをしています。

 

通訳歴

ジャム―スパスクール「生物学とマッサージ」などスクールテキスト翻訳。日本水素ガスをインドネシアエネルギー省へのプレゼンに通訳同行。リゾートホテル・レストラン・スパ、商材文章などの翻訳と作成。インドネシアビジネスコンサルタント通訳業務。2015年映画「神様はバリにいる」李敏夫監督付き通訳として参加。主演、堤真一・尾野真千子・ナオトインティライミ・菜々緒。